ホームページをご覧いただきありがとうございます。宮城県一円で、お墓のお仕事をさせていただいております、ストーリーインストーン 店長の佐藤です。宮城郡松島町の寺院墓地にて、お墓の解体・処分工事が完了いたしました。その際の様子をご紹介いたします!

 

今回ご相談くださったお客様は、現在東京にお住まいです。松島町の寺院墓地にあるお墓は、ご親戚の方がお掃除やお参りをしてくださっている状況だったのですが、皆様ご高齢になられ、今後のお参りが難しいということになり、「東京へ墓所を購入したので、そちらへ改葬したい」と、お考えでした。そこで、インターネットで石材店を探され、当店のホームページをご覧になり、ご相談をいただきました。ご多忙でご来店いただくことが出来ない状況でしたので、メールでやり取りをさせていただくことになりました。

お客様のお墓がある寺院様は以前にお仕事をさせていただいたことがあり、存じておりましたので、確認に伺いました。

こちらがお客様のお墓です。まだ納骨されている状態でしたので、お骨を東京へお送りし、お墓じまいの工事が始まります。

 

お墓の上部から外していき、これは芝台を取り外しているお写真です。

 

お墓本体の取り外しが終わり、外柵の解体にとりかかります。部分的に石を割りながら取り外します。

 

お骨を取り出した後の納骨室のお写真です。

 

お墓の本体、外柵を取り外すと、お墓の基礎部分が出てきました。通常のお墓よりも基礎コンクリートの量も多く、丈夫なつくりになっていました。

 

納骨室・カロートの部分を取り外しています。大きな掘削機で職人が作業をしています。

 

基礎コンクリートを割り、大きなコンクリートの塊はクレーンで吊り上げます。

 

全て基礎までの取り外しが完了し、埋戻しのために砂を入れていきます。

 

お墓じまい工事が完了しました。 当店は、遠方にお住いの方からのご依頼も、安心してお任せいただけますよう、施工前後のお写真や状況のご説明をさせていただいております。お客様にはメールにてお墓じまい完了のご連絡をし、施工前後のわかるお写真も添付いたしました。

お墓じまいは、地元に住まれている方からのご依頼もありますが、関東など遠方に住まれている方からのご依頼が多いです。皆様の多くが「仕事の都合でお墓のある場所に戻る予定がなく、お墓をきちんとお参りできないことが心残りである」というお気持ちでいらっしゃいます。

今回ご依頼くださったお客様からも、「両親と兄弟が入っているお墓が、松島町にあるということがずっと気がかりでした。今回、住まいの近くに改葬することができて、ホッとしました。お世話になりました。ありがとうございました。」というお言葉をいただきました。改装とお墓じまいをすることでお参りしやすい環境になり、「今後は近くでしっかり守っていける」とお客様にお喜びいただけただけでなく、ご先祖様も、きっとお喜びのことと思います^^