ホームページをご覧いただきありがとうございます。宮城県一円で、お墓のお仕事をさせていただいております、ストーリーインストーン 店長の佐藤です。仙台市若林区のお寺様墓地にて、福島県産の黒御影:浮金石(うきがねいし)の花彫刻の入った素敵なお墓が完成しましたので、ご紹介させていただきます。

まずは、完成したお墓をご覧ください。

【完成したお墓のお写真】

 

今回のお客様は、当店がお世話になっているお寺様からのご紹介でご連絡をいただきました。このたび亡くなられたお父様のためのお墓を建てたいとご希望でした。

詳しくお話をうかがうと、会社を創業されたお父様にふさわしく、かつお父様らしいお墓を建てたいと考えておられました。また、お墓の石種については黒御影石がお好みで、さらに国産のものをご希望でしたので、自然と福島県産の浮金石(うきがねいし)が候補に挙がりました。他の黒御影石も見本などでご覧いただいたのですが、この浮金石のキラキラした美しさをひと目でとても気に入られたのと、やはり国産のものがいいということで、この浮金石に決定しました。

それでは、工事を開始いたします!

こちらが施工前の墓地です。外柵はすでに作ってあり、カロート蓋が付いていて、この状態で墓地を取得されてから30年くらいは経っているようでした。

 

カロート蓋を取って一度内部をきれいにしてから、底にきれいな砂を敷き直し、上にお墓を据えつける準備をしています。

 

お墓の一番下の芝台を据えて、その上に上台を据えるところです。耐震用のボンドをたっぷりと使って、しっかり接着いたします。

 

上台を据えています。水色のテープは養生のためのテープです。慎重に据えていきます。

 

印をしてあるのは、さびにくいステンレス製の耐震棒です。直径2センチのしっかりとしたもので、向かって左側は少し手前に、右側は少し奥に設置しています。この耐震棒を入れることによって、万一の地震などの際、石が前後左右にずれてしまうのを防ぐことができ、縦方向に揺れても棒にこれだけの長さがあれば石が抜けて落ちてしまう可能性は低く、より安全性の高い設計となっています。

 

お墓の上蓮華と棹石を据えつけたところです。石と石のすき間に水が入ってしまわないように、コーキングで丁寧に目地止めを施しています。

 

完成です!

正面には、「和」という文字を彫刻しています。亡くなられたお父様がこの「和」という字が昔からお好きで、「お墓を建てるときはこの字を入れたい」とご夫婦で話されていたそうです。あわせて、「家族みんなが和やかに」という奥様のお気持ちも込められています。さらに、より柔らかな印象になるよう、楷書体ではなく行書体を採用しました。

左側のユリの花の彫刻も、奥様のお好きなユリの花の彫刻を入れたいねとお話をされていたそうです。お墓全体もなめらかな曲線が優しい印象を与えるお墓になりました。

 

このユリの花の彫刻は、アメリカのファントーニという世界最高峰の石の彫刻で施してあります。ファントーニは、一般彫刻では表現が難しい立体的な仕上がりや、細やかな模様を表現することができる彫刻です。また、一般彫刻ですと石種によっては見えづらくなる彫刻も、ファントーニであればよりきれいに見えるのも特長です。今回の浮金石にも特に相性がよく、黒い墓石に白い彫刻が映えて、細やかなユリの彫刻もとても美しく見えます。シェイピングといって輪郭の周りを彫ることで陰影が付いていて、とても立体的で動きのある仕上がりになっています。また、水が溜まらないようにする効果もあります。

ファントーニ彫刻についてはこちらをご覧ください。

 


お客様へのお引渡しも無事終わりました。奥様は、想像以上です!と大変喜んでくださいました。「お父さんらしい立派なお墓になった」と涙をこぼされ、「御社にお願いして本当によかったです」と、一番のお褒めの言葉もいただきました。息子様も、日本の黒御影であるこの浮金石を使って美しく立派なお墓になったこと、そして何より本当にお父様らしいお墓になったことを、本当に喜んでくださり、「よかった」と何度も口にされていました。それほどに喜んでいただけて、私もホッとすると同時に、本当にうれしく思いました。

今回の完成までには、細かい打ち合わせを何度もさせていただきました。お客様とご一緒に作り上げていき、完成後には「御社に頼んでよかった」「父らしいお墓になった」と喜んでいただけて、感無量でした。お父様の想い・みなさまの想いを形にすることができて、本当によかったです。
今後も、何かお困りのことがございましたらいつでもご相談くださいませ。