ホームページをご覧いただきありがとうございます。宮城県一円で、お墓のお仕事をさせていただいております、ストーリーインストーン 店長の佐藤です。仙台市いずみ墓園一般区画に、福島県産十万石(青御影石)の素敵な言葉を刻んだお墓が完成しましたので、工事の様子をご紹介いたします!

 

【完成したお墓です】

 

今回のお客様は、いずみ墓園に以前に墓地を取得されていて、そろそろお墓を建てようとお考えでした。色々と検討されている中で当店のホームページをご覧になり、デザイン等気になるところがあったそうで、まず墓石建立カタログの資料請求をいただきましたので、お送りしておりました。その後ご家族で検討されて、「こういうかたちで作ってほしい」というご希望を持ってご来店くださいました。

お客様のご希望をうかがいながら、こちらからもご説明を差し上げたり、ご家族で話し合いを重ねるうち、当初は大まかだった理想のお墓のイメージがだんだんと固まっていきました。

それでは、工事開始です!

こちらがお客様がお持ちの墓地です。今回お墓を建てる場所です。

 

一度掘り下げて砕石を入れ転圧し、しっかりとした基礎を打つための準備をしています。

 

コンクリートを打つための準備として、鉄筋を組んでいます。右手と後方に見える白い発泡スチロールは、右隣と後方のお墓に基礎コンクリートがくっついてしまわないようにするために配置しています。木枠で囲まれているのは土残しの部分です。

 

コンクリートを流し入れたところです。表面をきれいにならし、水平に注意しながら施工します。このあと養生いたします。

 

基礎工事が終わり、据え付けが始まりました。コーナー部分は石がずれたりしないように、ステンレス製のL字金具をつけて強度を保つようにしています。

 

基礎の上に完成した納骨室です。内部は土をきれいに敷いています。その上に芝台を据え付けるため、ボンドで準備をしています。

 

お墓の一番下の芝台を据え付けて目地を打ち、この上に上台を、こちらも専用のボンドで据え付けます。

 

上台の上に棹石を据え付けます。ボンドに加えて、ステンレス製の耐震棒を入れて重い棹石をしっかりと据え付けます。耐震棒は、右側の棒が少し奥、左側は少し手前に、斜めにずらして入れます。このようにする方が揺れやズレに強くなるためです。

 

法名碑を据え付けます。まずはこの部分に、法名碑の台座を据え付けていきます。

 

台座の設置をしたところです。この上に法名碑本体を設置するため、ボンドでしっかりと接着する準備です。

 

完成しました!

お客様のご希望で、今回はお墓本体は福島県産の十万石(じゅうまんごく)という青御影石でお作りしました。外柵はインド産のBANという石です。

 

「穏やかに」という言葉は、お客様のご希望でお入れしました。亡くなられたおじいさまが口癖のようにおっしゃっていた言葉で、お墓を作るときはその言葉を刻んで欲しいともおっしゃっていたそうです。文字の彫刻方法はファントーニという技法で、輪郭の周りを彫ることで陰影が付いていて、一般彫刻ですと石種によっては見えづらくなる彫刻もよりきれいに見えるのが特長です。深く彫ることがないので、水や汚れが溜まりにくいという利点もあります。

 

踏み石は、雨などで濡れても滑らないように滑り止めを施しました。

ご覧になったお客様は、「わあ、素敵!」「思っていたよりも立派なお墓!」ととても喜んでくださり、お声も寄せてくださいました。「穏やかに」という言葉の刻まれた、風格の中にも柔らかい印象のお墓に、「おじいちゃんらしいお墓になってよかった」とおっしゃっていただけたのが何よりうれしいお言葉でした^^ 少しでもお力になれておりましたら幸いです。

今回は、おじいさまのお言葉の通りの、穏やかであたたかいご家族様とのお墓作りでした。ご生前のおじいさまのお人柄が感じられる「おじいさまらしいお墓」というだけではなく、ご家族の皆様との絆も感じる「ご家族らしいお墓」に仕上がったのではないかと思います^^ 今後も、何かお困りのことなどございましたら、いつでもお気軽にご相談いただければうれしいです。