ホームページをご覧いただきありがとうございます。宮城県一円で、お墓のお仕事をさせていただいております、ストーリーインストーン 店長の佐藤です。今回は、仙台市のお寺様墓地にて、お墓じまい工事をさせていただいた際の様子をご紹介いたします。

 

【お墓じまい前後のお写真】

 

いつもお世話になっているお寺様からのご紹介でお仕事をさせていただくことになりました。お墓じまいのご相談でした。
ご自分のあとにお墓を継がれる方がおられず、ご自身の体調も優れないことなどもあり、お墓のことがずっと気になっていらっしゃったということで、今回ご相談くださいました。お墓じまいをして、お寺様の永代供養墓へご遺骨を預けたいとご希望でした。

 

こちらがお墓じまいをされるお墓です。きれいにお参りされているお墓でした。解体・処分してしまうにはもったいないような気もしますがご事情がありますので、お寺様にお経をあげていただいてご遺骨を取り出したあと、お墓じまい工事に入ります。

 

お墓の棹石と上台を取り外し、中台を取り外しているところです。これはお墓の石材の中でも一番重量があるものなので、クレーンで吊って取り外していきます。今回は、お墓が墓地の広い通路に面した場所にありましたので、重機を近くまで寄せて作業することができました。

 

 

お墓の一番下の芝台を取り外しています。これもクレーンで吊り上げます。クレーンで吊り上げての作業の際は、周りのお墓に万一にもぶつかったりしないよう配慮しながら、慎重に進めていきます。

 

お墓の取り外しが終わりました。
今回お墓の下のカロートや外柵は、お寺様の決まりでそのままの形で残します。ですので、この部分をきれいに清掃してお返しすることになります。

 

カロートの周りに敷いてあった玉砂利を取り除いて、周りの土の部分もカロートの高さまでそろえてきれいにします。

 

カロートをきれいに水洗いします。ここは手作業で丁寧にきれいにしていきます。

 

カロートの洗浄が終わり、底にある土をきれいに取り除き、きれいな山砂を敷きました。次にこの墓地を使用される方も、まずはカロートを掃除されるとは思いますが、この時点でできる限りきれいにしておいて気持ちよく使っていただきたいので、丁寧にきれいにしてお寺様や霊園へお返しするようにしています。

 

新しい御影石の蓋石で蓋をしたらお墓じまい工事は完了です。

ずっと長いこと気になっていらっしゃったお客様は、「よかったです。肩の荷が下りました」とおっしゃってくださいました。自分に何かあったとき、お墓に入っているご先祖様はどうなるんだろう・・・とずいぶん心配されていたそうです。こうしてお墓じまいの終わった様子を見ることができて、長年の気がかりがなくなり、ホッとされたご様子でした。安心していただけたのであればよかったなと思うのですが、工事の終わったお墓の前で、少し寂しそうにされていたお客様の姿が印象に残りました。

お墓じまいのご相談は、近年よくいただくご相談のひとつです。お話しを伺っていると、「本来であれば先祖から受け継いだ大切なお墓を壊したくはなかった」と、やむを得ないご事情があってもできれば残しておきたいと皆様思っていらっしゃるのが伝わってきます。今回も、あとを継ぐ方がおられず、お客様ご自身の体調のことなど やむを得ないご事情がある中で、お墓とそこに眠るご先祖様のことを大切に思われているからこそそのままにしておかず、きちんとお墓じまいをしてご自分で見届けようと決断されました。忍びないことではありますが、お気持ちはお墓に眠るご先祖様にも十分に伝わっていると思います。このたびは、大切なお墓のお墓じまいをお手伝いさせていただきまして、ありがとうございました。