ホームページをご覧いただきありがとうございます。宮城県一円で、お墓のお仕事をさせていただいております、ストーリーインストーン氏家です。今回は、仙台市若林区お寺様墓地にて、福島県産浮金石のお墓を建てさせていただいた際の様子をご紹介します♪

 

【福島県産浮金石のお墓 仙台市若林区お寺様墓地にて】

 

仕事関係の方からご紹介いただいたお客様です。新しくお墓を建てたいとご希望でした。

お墓についてのご希望は、周りのお墓に見劣りしない、立派なお墓を作りたいということでした。お話しをしていくうちに、石の種類については国産の石がいいというになり、中でも白より黒っぽい石をお好みでした。色々とご検討いただいた結果、最終的には福島県産の黒御影、浮金石(うきがね)でお作りすることになりました。

 

 

工事が始まります!

外柵とカロートは、こちらのお寺様で既設のものです。工事前は、カロートに蓋石をしたこのような状態でした。

 

カロート内部です。外柵とカロートは設置されてから少し時間が経っていましたので、きれいに掃除をして拭き上げ、底部の土もきれいなものを敷きました。

 

法名碑の台座を設置するための準備です。砂利を取り除いて、法名碑部分の基礎を作るところです。

 

法名碑の設置箇所に、コンクリートの基礎を作成しました。この上に法名碑の台座を設置するので、法名碑側面に接着する外柵の一部に耐震ボンドを使用して準備しています。

 

カロートの上に一番下の芝台を設置しました。一枚物の浮金石の芝台です。

 

芝台の上に耐震ボンドをしっかり塗布して、台石を据え付ける準備をします。

 

下台を据え付けました。この上にもたっぷりのボンドを使用して棹石を据え付けていきます。すべて、万一の地震にも安心の耐震施工です。

 

カロート手前の蓋石の部分は、当店おすすめの納骨しやすい造りでの据え付け方法です。

 

上台を設置しました。その上に、棹石を据え付ける準備をしています。地震などの際に棹石が回転してしまわないよう、前後にずらしたステンレス製の耐震棒2本を使って据え付けます。棹石の底部にも穴を開けて加工してあり、そこへ差し込むようにして設置します。

 

こちらは法名碑を乗せる部分の耐震棒と耐震ボンドです。台座の手前と奥、各1本ずつ設けています。揺れによって法名碑が倒れるケースも多かったので、こちらもしっかりと耐震施工をするようにしています。

墓石に貼り付けてあるテープは、きれいに目地を入れるための養生のテープです。施工途中のキズを防ぐ意味もあります。

 

完成しました!

お墓本体と法名碑、すべてを福島県産浮金石でお作りした、シンプルですが重厚感のあるお墓です。

浮金石は、金をちりばめたようなきれいな石目が特長で、キラキラした輝きを持つとても美しい石です。採掘量も多くはない希少な石で、国内産の最高級黒御影石として知られています。色合いは、黒御影ですが真っ黒ではなく、光が当たるとまた違った表情になります。写真でも、陽が当たっている箇所にきれいな石模様が見ていますね^^ こちらはすべて、当社の福島県の関連工場で加工した、オール国内生産のお墓です。

お客様のご希望で、花立てと水鉢に家紋をお入れしました。花立ての前面にはご家名も彫刻しています。正面の文字、家紋はすべて素彫りです。浮金石は色合いの濃い石なので、素彫りでも文字がしっかりと見えています。

 

完成したお墓をごらんになったお客様は、「立派なお墓ができた」と喜んでくださいました。きれいな石目の浮金石も、とても気に入っていただけました! 現地では私も、お墓が陽を浴びてキラキラ輝いて見えるように見えました^^ 他のお墓に劣らない立派なお墓を、というお客様のご希望を十分に叶えることができたと思います。お客様の思いのこもったお墓を、末永く、大切にお参りいただけるとうれしいです。

 

宮城県仙台市でのお墓工事に関する記事

●仙台市泉区のお寺様墓地にて、インド産M1H(緑御影)の洋型墓石へ建て替え。ファントーニ彫刻のユリの花が美しい、高級感あるお
●仙台市のペット霊園にて、猫ちゃんのお墓のプレートを作り替え。レーザー彫刻で活き活きと表現
●カロートと外柵を残したお墓じまい工事が完了。次の方のためきれいに清掃して返還。仙台市のお寺様墓地にて
●アメリカ産ソールズベリーのすてきなデザイン墓石が完成しました。いずみ墓園芝生墓地にて
●仙台市いずみ墓園に、福島県産十万石(青御影石)の素敵な言葉を刻んだお墓が完成しました
●仙台市青葉区のお寺様墓地にて、法名の追加彫刻をいたしました。